世界遺産とは

 1972年のユネスコ総会で採択された
「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」
(世界遺産条約)に基づいて、世界遺産リストに登録された
遺跡や景観そして自然など、人類が共有すべき普遍的な
価値をもつものを指す。
posted by worheri at 08:35 | Comment(1) | TrackBack(1) | 世界遺産について

世界遺産の種類

・文化遺産 : すぐれた普遍的価値をもつ建築物や遺跡など。
・自然遺産 : すぐれた価値をもつ地形や生物、
         景観をなどもつ地域。
・複合遺産 : 文化と自然の両方を兼ね備えるもの。
posted by worheri at 08:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界遺産について

世界遺産登録基準

登録されるためには、
世界的に普遍的な価値をもつことが前提となる。
また、世界遺産登録基準を、
少なくとも1つは満たしていると判断される必要がある。
また登録された後、将来にわたって継承していくための、
保護や管理がなされていることも必要である。
登録後、保全状況を6年ごとに報告し、
世界遺産委員会での再審査を受ける必要がある。
posted by worheri at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界遺産について

世界遺産・ローマ歴史地区

概要紹介
特選動画

rome640c.JPG
ローマは、約1100年にわたって栄えた古代ローマ帝国の都。
ここは中心地だった「フォノ・ロマーノ」、
300年にわたって闘技ショーが繰り広げられ
「コロッセオ」など歴史的建造物の宝庫である。

世界遺産・フレンツェ歴史地区

概要紹介
特選動画

santamariafiore640c.JPG
特記されるサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(Santa Maria del Fiore)は、
イタリアのフィレンツェにあるキリスト教・カトリックの教会。
巨大なドームが特徴的な大聖堂は、
イタリアにおけるゴシック建築および
初期のルネサンス建築を代表するもので、フィレンツェのシンボル。

世界遺産・アベシンベル(エジプト)

概要紹介
特選動画

abusimbel640c.JPG
アブ・シンベル神殿は、エジプト南部、
スーダンとの国境近くにあるヌビア遺跡。
砂岩でできた岩山を掘り進める形で作られた岩窟神殿である。
posted by worheri at 10:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界資産(アフリカ)

世界遺産・グレートバリアリーフ(オーストラリア)

概要紹介
特選動画

greatbarrier640c.JPG
グレート・バリア・リーフ は、
オーストラリアの北東にある世界最大の珊瑚礁。
3,000ヶ所の独立した珊瑚礁と大小900あまりの島々からなり、
総延長は長さ2,600kmにわたる。